あなたの借金減らすことができます(本当です)


広告






【即日融資】今日中にお金を借りれます!


ブラックだと絶対にお金借りれない?信用情報・異動情報って何?



お金を借りれない原因、「信用情報(異動情報)」

カードローン等で、個人の信用に異動情報が付いたら、お金を借りられなくなる、という事をご存知でしょうか?

一生の内で、結婚や、自動車、住宅の購入、教育費用等、まとまったお金を必要とする場面は何度か訪れます。

その時、多くの人は用途に応じて銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りる事になる訳なのですが、この時、審査に通らずお金を借りれないケースもあります。

困っている人には誰でもお金を貸してくれる、という訳ではありません。

金融機関では、申込者に対して「融資してもよいか」という事をどのように判断しているのでしょうか?

その大きな判断材料の1つが、信用機関に登録されている「異動情報」なのです。

最短45分で振込融資!ブラック可能、即日融資可能なキャッシング業者は?

 

一度失った信用は戻らない?

はじめに頭に置いておかなければならないのは、金融機関では、あなたが「どこで」「いくら」お金を借りたのか、また、「ちゃんと返済したのか」という事を、すべて把握しているという事です。

銀行や消費者金融では信用機関の会員です。

信用機関では、あなたがキャッシングやカードローンを利用した際の契約内容、返済実績等を「信用情報」として記録しているのです。

これにより、あなたの過去の契約内容や返済実績の共有を行っており、過去の返済に問題がないか、複数の金融期間からお金を借りていないか、といった事を調べる事ができます。

これらの信用情報を元審査の判断材料にしているという訳です。

では、異動情報とは一体何なのか。

信用情報の中には、「返済実績」という項目が存在し、返済の遅れ等の経歴があった場合、「異動」という文字が記載されます。

信用情報にこの「異動」の文字の記載があった時点で、「返済能力が低い人物」と判断され、高確率で審査に落ちます。

つまり、お金を返済しない人の「ブラックリスト」に入ったようなものです。

信用期間にもよりますが、返済の遅延や債務整理の経歴は5~10年に渡って残り、この間お金は借りられません。

最も審査が厳しいのは、銀行のカードローンです。

銀行ならではの安心感があり、金利は安く、限度額も高いです。

逆に最も審査が優しいのは、消費者金融です。

審査が通りやすい会社の金利は高い傾向にあります。

お金を借りる為には、金融機関の審査に通らなければなりませんが、ブラック入りした時点で、審査の優しいと言われているような消費者金融でも審査に通る可能性は激減します。

必要な時に「お金借りれない!」という状態にならないように、日頃から金融機関での返済期日はしっかりと守っていきましょう。

お金借りれない時の最終手段は?今すぐお金を準備する方法!



 

【大阪限定】あなたの借金いくら減るか10秒で分かります


広告



新着

おすすめサイト更新情報