確実に借金をする!お金を借りるために重要なこととは?

スポンサーリンク

お金を借りたい!と思っている人は毎日たくさんいます。
そしてキャッシングやカードローンを利用するわけですが、その時に非常に重要なことがあるのをご存知でしょうか。
多くの人は、キャッシングなどを「申し込むかどうか」で悩みます。
これは非常にナンセンスなんですよね。
なぜかというと、申し込むかどうかを悩んだところで仕方がないからです。

 

スポンサーリンク

まずは申し込むことが大前提

例えば、即日融資をしてくれるキャッシング業があります。
それらのキャッシング業者を知って、「申し込む」「申し込まない」で悩むというのは意味がないです。
なぜなら、申し込まないという選択をすれば、当然融資してもらえません。
また、申し込むという選択をして、申し込んだとしても融資してもらえるかどうかというのは確実ではないからです。
つまりなにが言いたいかというと、キャッシングについては「まずは申し込む」ということが大事だということ。
まずは申し込みをして、「融資をしてもらえる」「融資をしてもらえない」ということを明確にすることが大前提なのです。
まずは申し込みをして、「融資をしてもらえる」「融資をしてもらえない」を知って、融資をしてもらえるとなった時に「融資をしてもらう」「融資をしてもらわない」という判断をする。
これが正しい「悩み方」なのです。
もし「融資をしてもらえない」となった場合は、では次に何をしなければいけないかを、考えることができますよね。
これは一刻でも早く知った方が良い「事実」です。

 

キャッシングはとにかく申し込む!

私はキャッシングに関しては、まずはとにかく申し込むことが大事だと思います。
まずは申し込んで、融資をしてもらえるかどうかを知りましょう。
そして融資してもらえることが分かってから「融資をしてもらう」「融資をしてもらわない」を悩むべきです。
そのためには、まずは申し込みをしないことにはなにも始まりません。

 

借金相談もまずは相談をすることから

これは借金相談に関しても同じことが言えます。
借金に悩んでいる人は、まずは法律事務所に相談するようにしましょう。
この借金の相談も「相談する」「相談しない」という選択で悩むのはナンセンスなんです。
まずは無料相談をしてみて、その相談の結果、あなたがどうするかを判断する。
ここでやっと「悩む」という行動をするわけです。
相談もしていないのに悩むことなんてなにもないですし、相談していない状態でなにも判断はできません。
キャッシングを申し込む、申し込まない、無料相談をする、しない、これらのことは「悩む」というのは間違いです。
まずは申し込みをしたり、相談をする。
その「結果」を知ってからあなたがどうすべきかを判断するのですから。

 

弁護士に相談すれば取り立てはすぐになくなりますよ!借金の取り立てを止める方法

債務整理をする時に、弁護士に相談をすると弁護士が代理人になってくれます。
そして、弁護士から債権者(業者)に連絡をしてくれます。
受任通知というものをキャッシング業者や消費者金融に送付し、それによって借金をしている人(債務者)には直接連絡することを禁止することができます。
つまり、受任通知を送ってもらえれば取り立てなどは一切無くなります。
直接、借金をしている人に連絡をした時点で違法になるからです。
督促や電話での取り立てに困っている人は連絡がなくなるだけでも一気に精神的な負担が軽減されると思います。
精神的に負担が大きくなると冷静になることができずに間違った判断をしてしまいます。
まずは弁護士に相談をして一緒に返済計画を考えるのがベストです。

 

債務整理は交渉のプロに任せた方がいいです!自分で交渉は難しい!

債務整理をする時に弁護士に相談することになると思います。
弁護士は交渉が非常に上手です。
また、経験ある弁護士であれば、とてもスムーズに問題を解消してくれます。
中には裁判所を使わずに、交渉だけで借金を減額することもできます。
弁護士を味方につければ本当に心強いです。
ただ、弁護士も法律に乗っ取った対応しかできませんので、相談はできるだけ早めに相談しましょう。
もうどうしようもない状態になると弁護士の対応も難しくなる事が多いです。

 

債務整理は書類作成が非常に多くて大変!弁護士に代行してもらいましょう!

債務整理をする時は非常に多くの書類を作成しなければいけません。
例えば、いつ、いくら借りたか。
金利や返済期間は?
債権者(キャシング業者や消費者金融)とのやり取りの流れ。
裁判所への提出書類。
これらの書類を全て作成する必要があります。
もちろん自分で作成することも可能は可能ですが、非常に大変です。
しかし、弁護士に相談をすれば、このような書類作成も全て弁護士が代行してくれます。
もちろん弁護士はプロですのでスムーズに作成してくれます。
自分でやって大変な思いをし、やり直しなどを繰り返すよりも弁護士に任せたほうが確実だと思います。

 

過払金請求にかかる費用はいくら?過払い請求を検討してみる

過払金請求には費用が発生します。

個人で過払金請求をする場合
印紙代:請求額によって変わります
郵券代:約6千円
登記簿謄本:600円
合計:約3万円

弁護士に依頼した場合
着手金:無料~4万円
成功報酬:20%~40%

司法書士に依頼した場合
着手金:無料~3万円
成功報酬:20%~30%

過払金請求にかかる費用は、請求額によって異なります。
また請求先(業者数)によっても異なるので、いくらという明確なものはありません。
個人でも請求できますが、手数料を払ってでも弁護士などに依頼したほうが確実で早いことは間違いないと思います。

 

任意整理にかかる費用っていくら必要?任意整理で必要なお金は?

任意整理については、まず個人で行うことはほぼできません。
そのため、弁護士などに依頼することが一般的です。
任意整理を弁護士に頼むと当然費用が発生します。
その内訳は、着手金で約3万、報酬で約3万円、そして減額報酬が約20%となります。
総額では20万円ほどのお金が必要です。
任意整理をするにしても、これくらいの費用は必要だということを知っておきましょう。

 

個人再生にかかる費用っていくらくらい?弁護士費用はいくら?

個人再生を行うためにはいくら必要なのでしょうか。
個人で行う場合は、約30万円総額で必要になります。
弁護士などに依頼した場合は40万~60万円ほどになるでしょう。
個人再生は裁判所が個人再生委員が選任され、再生委員の報酬として25万円ほどの費用が必要です。
弁護士に依頼することで、その費用がなくなったり減額されることがあります。
そのため、個人再生を行う場合は弁護士などに依頼した方が確実です。

 

自己破産にかかる費用はいくらくらい?自己破産するにもお金が必要!

お金がないから自己破産するのですが、実は自己破産するにもお金が必要になります。
個人で自己破産の手続きをしたとしても、40~60万円必要です。
弁護士などに依頼すると50~100万円ほどになります。
つまり、自己破産したくてもそれなりの現金がないと自己破産すらできません。
もし自己破産をしたいけどお金がないと言う場合は、まずは弁護士に相談しましょう。
いろいろと方法を考えてアドバイスをしてくれるでしょう。

 

借金をしている芸能人はかなり多い!借金地獄は一般人だけじゃない!

意外かもしれませんが、芸能人の中にも借金で苦しんでいる芸能人は多いです。
芸能人なんて儲かる商売なのになんで借金なんてするの?
と不思議に思うかもしれません。
確かに芸能人は一気に大金が入ってくる仕事です。
そのため、勘違いをしてそのお金で商売を始める芸能人が多いのです。
まさに「人間の欲」ですよね。
そして商売に失敗をして多額の借金を背負っている芸能人が多いのです。
ほかにも連帯保証人などになって、騙されたり、詐欺にあって借金をしている芸能人も多いです。
芸能界は特殊な業界ですので、一般的な社会常識のない人も多いのです。
また煽てられて乗せられやすいので詐欺にもあいやすいようです。

 

お金借りれない人の最終手段は?どうすればお金を準備できる?

お金借りたい!でも借りれない!
このような時、世間からしてみると、キャッシングを利用すれば?と言われるかもしれません。
ですが、キャッシングの審査にも通らないので、申込みをしても無駄、と考える人もいるでしょう。
身内や友人からもお金が借りられず、カードローンも借りれない。
誰もお金を貸してくれない。
「こうなったらいよいよ闇金に手を出すしか・・・」という訳にもいきませんよね。
お金を借りれない場合は、多重債務なのか、ブラックなのかによっても状況が変わってきます。
このような状況の人は、まずは消費者金融でのキャッシングを利用してみましょう。
カードローンのように土日問わず利用できる訳ではありませんが、週末を除くと即日融資も可能ですから、何処からもお金借りれないという人は最終手段として、ブラックでも借りられる金融に申し込みしましょう。
注意点としては、融資額は多く借りられず、金利も高いと感じるかもしれません。
ですが、消費者金融は審査も甘く、結局何も借りられない、審査に通らないという状況よりも幾分かはまだ状況が改善されます。
ずっとお金借りれない、最早闇金から借りるしかないと考えているような人の場合、ブラックでも借りれる金融の力を借りましょう。

最終手段は個人

多重債務やブラックでお金借りれない状態となっている場合、銀行カードローンや大手の消費者金融といったところから融資を受けようとすると、必ず審査で落ちます。
この時点で最早公的融資を受けられる可能性はなくなったと考えましょう。
世の中の銀行カードローンや消費者金融、ショッピングカード等も一切利用ができません。
このような場合、残る方法は家族や親戚から借りる、闇金から借りるといったグレーゾーンのキャッシングを利用することとなります。
ですが、このような危ういお金の借り方では、返済時にとんでもない金利・利息を取られてしまう場合もありますから、出来れば利用したくありません。
そこで、最後の手段として、「個人業」から借りるという選択肢があります。
大手や中小金融からもお金借りれない等、審査に通らないような人に対してでも、個人としてお金を貸してくれる業者、すなわち「個人間融資」です。
ただし、一般人から借りる形とは勿論異なり、実態は個人のやっている消費者金融です。
かなり危うい臭いを感じるかもしれませんが、あくまで最終手段です。
審査についても、通る、通らないという事ではなく、双方の了承の元、お金が借りるという形となりますので、あとは借用書を交わせば取引成立となります。
決して安全なキャッシングではありませんから、本当に審査に通らずお金借りれない、といった人のみが利用するべき方法と言えます。

 

SMBCモビット【最短3分即日融資】
モビット

SMBCモビットは即日融資が可能かどうか、10秒簡易検査ですぐに分かります。
また、融資まで『最短3分』という非常に早い融資で今すぐお金が必要、という方には非常に嬉しいスピード対応。
Web申し込みで24時間対応、保証人不要、コンビニでお金を引き出すことができます。
今すぐお金が必要という方は、今すぐ10秒簡易審査を試してみましょう。

キャッシング 即日融資 借金問題 雑談 お金を借りたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロミス【最短1時間融資】

プロミスは24時間いつでもウェブ申し込み可能で、事前審査はたったの15秒‼︎
最短1時間で近所のコンビニATMからお金を引き出せます。
しかも30日間無利息で、保証人も不要、郵送物もありません。
まずはウェブ申し込みをして即日融資が可能かどうかを確認しましょう。
※申し込みの時間帯によって即時融資できない場合があります※主婦やフリーターの方でもアルバイトなどによる安定した収入がある場合は可能です※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

スピードキャッシング 【即日融資/今日中にお金を借りたい人】
タイトルとURLをコピーしました