あなたの借金減らすことができます(本当です)


広告






【即日融資】今日中にお金を借りれます!


お金借りたいけど何故か借りれない!その原因とは?どうすればいい?



お金を借りようとした時、もし借りれなかったら、焦ってしまいますよね。

ですが、一体何故借りれなかったのでしょうか?

そんな時、無暗に多くの金融機関に借り入れの申し込みをしても、より不利な状況を生み出してしまうだけです。

安全に借り入れする為には、お金を借りれなかった原因を突き止め、対策を打たなければなりません。

そもそも申し込み条件を満たしていないケース

ローンの申し込みが断られるケースとして、そもそも申込条件を満たしていない可能性が挙げられます。

そんな条件知らない、という人もいるかもしれませんが、ローンの資料には必ず記載があります。

ローンによって条件は異なりますが、共通しているのは、「安定した収入」があるかどうか、という点です。

その他年齢制限等もあり、20歳以上でなければなりません。

年齢の上限については65歳のところも多いですが、ローンによっても異なります。

収入の下限が決まっているケースや、年金収入のみの場合はNG、専業主婦や学生はNGなど、ローン毎に様々な条件が設定されています。

ローンの申し込みをする際にはまず申込条件をよく読んで、その条件をあなたが満たしているかどうか、事前にチェックしておきましょう。

当然ですが、身元を偽っている人に対して融資は行いません。

返済が見込めない為です。

本人書類の確認書類が必要な事は勿論、職場に在籍確認の電話を行い、実際に申込者が本人であるかどうかという事もチェックされます。

勿論、本人が申し込む分には全く問題ありません。



もし借入審査で落ちる場合は・・・

ローンの申し込みで借り入れを断られる最も大きな原因の一つが、審査に通らないという場合です。

では、その借入審査には一体どのような基準が存在するのでしょうか?

申込条件を満たしているにも関わらず、審査に落ちてしまったという事であれば、審査の段階で落ちたという事がわかります。

そこで、今後借り入れを行う為に、注意しなければならないポイントが2つあります。

それは「何故審査に落ちたのか探り当てる事」、そして、「その対策を打つ」事です。

審査に落ちるという事は、本人の信用、あるいは返済能力に何かしらの問題があると判断され、審査基準に満たなかったという事です。

審査の基準を満たせなかった部分は一体どこなのか?

その原因を突き止めて対策しなければ、何度ローンを申し込んでも、審査に落ち続ける事になるだけです。

スピードキャッシングお勧め5社はこちら

 

お金を借りれない大きな原因とは?

借入審査に落ちた場合、まず考えなければならないのは、「返済能力」についてです。

返済の見込みが薄い人に融資する事はありません。

まず、年収が低すぎると判断された場合、審査に通る事はありません。

月収が安定していない場合など、実際に返済に困る場合もあります。

また、特に金融機関が重視しているのが、「他社からの借入の有無」についてです。

もし他社から既に借り入れを行っている場合、そちらの返済も必要となりますから、返済能力は低く評価される事となります。

 

返済能力において評価される2つのポイント

返済能力の審査の段階では、次の2ポイントが重視されます。

1.一定以上の収入があるか

かつては「200万円の壁」という言葉が存在しました。

年収200万円以上でなければローン審査には通らないとされていた時代です。

とは言え、その後日本ではデフレが進行し、年収200万円以下の人も珍しくもなくなりました。

その為、現在では年収200万円という基準も、以前よりは緩和されているようです。

ただし、この基準は一律どこも同じという事ではなく、大手の銀行等では200万円としているようなケースもあります。

また、消費者金融の中では、かなり低く設定されているような場合もあるようです。

いずれにせよ、年収がある程度なければ返済を見込めませんから、収入の無い人ほど審査には通りにくくなります。

年収が問題なければ、次は月収の安定性が問われます。

如何に年収が多かったとしても、毎月の収入が安定していなければなりません。

基本的にローンは会社員の月給制を基準として設計されており、月々の収入から返済に充てるという方式が一般的です。

毎月滞りなく返済する為には、毎月の収入が安定していなければなりません。

こういった点を考慮した場合、審査では会社員が有利と言えます。

個人事業主等、毎月の収入が安定していないというケースでは、審査の評価も低くなってしまいます。

月収の安定性を審査する基準としては、雇用形態の問題があります。

同じ職業であっても、正社員の評価に対して派遣社員や契約社員は評価が低く、アルバイトやパートタイムは更に低評価です。

特に短期アルバイトや日雇い労働者等の場合、審査の通過は難しいでしょう。

年金生活者の場合であれば収入自体は安定していると言えますが、融資の判断は金融機関のさじ加減一つですから、申込みをする前に必ず確認しなければなりません。

2.他社からの借り入れの有無は?

もうひとつの大きなポイントとしては、他社からの借り入れの有無です。

他社のローンを利用していた場合、返済能力がそちらに割かれてしまって自社へのローン返済が滞る危険性が高くなるという考えの元、基本的に金融機関では自分のところのみ長く利用している人を好みます。

他に一社でも借り入れが合った場合審査に通らないというケースもあれば、3件目までは許容するというケースなど、基準は金融機関によっても様々です。

ただし、それ以上の借り入れになると、審査にはまず通りません。

もし他社からの借り入れが原因だった場合、その契約を解除する事で新しく借り入れする事ができる可能性はあります。

ただし、利用しているのがカードローンの場合、これを解除して新たな利用先を探すよりも、利用限度額の増額を行った方が金利を下げる事にも繋がり、得になる場合がほとんどです。

借り入れ先を増やしたとすると、当然日々の返済額も増えてしまい、返済能力以上の返済を強いられてしまうリスクも伴います。

ですから、借入先を増やすという事は基本的にはオススメできません。

 

おまとめローンを活用してみよう

もし既に2社、3社と利用しているとすると、返済には非常に苦しい思いをしている事でしょう。

このような状況の場合、返済の為にまた別のところから借り入れが必要となるケースも。

このような場合、そのまま各社への返済をそれぞれ続けるのではなく、「おまとめローン」を利用する事が効果的です。

そうする事で返済は月に1度となり、大きく負担を軽減する事ができるでしょう。

借金を一本化!おまとめローン2社

 

信用力も審査に大きく影響する

さて、これまで挙げてきたお金を借りれない原因以外にも様々な原因が存在します。

例えば過去の金融取引の状況に問題があり、信用力が低いという場合もそうです。

特に重要なのは過去の金融取引上起こした金融事故に関しての事です。

このような情報が記録されていた場合はブラックと呼ばれ、どの金融機関でも相手にしてもらえません。

ローンの申し込みを断られたというときには、過去にさかのぼり金融事故を起こした記録が無いか確認しなければなりません。

金融事故の情報というものは一定期間に渡って残り、これが消えるまでは借り入れは不可能です。

 

過去の金融取引が評価される

信用力の審査にあたっては、例えば勤務先の勤務形態等判断基準として用いられます。

このとき金融機関が共通して利用するのが「信用情報」と呼ばれるデータベースで、利用者の過去の金融収支の状況を格納しています。

例えばローンの返済が滞りなく行われたかという事や、電気代や電話代等の支払い状況、ローン返済の延滞等の金融事故情報等も格納されているのです。

 

金融事故の種類について

単に金融事故といっても、以下のような種類のものが存在します。

これら金融事故に関する記載があった場合、通常審査に通る事はありません。

ローンの延滞・・・5年
各種支払いの延滞・・・5年
債務整理・・・10年
ローンの申し込み・・・6年以内

 

金融でよく見かける「ブラック」の意味とは?

金融に関する話になると、よく「ブラック」という言葉を目にするはずです。

ですが、意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。

以前、信用情報には「ブラックリスト」と呼ばれるものがあり、そこに名前が記載されてしまった場合には借り入れが出来なくなるのだと、そう言われている時代がありました。

その為、ローンの利用が出来ない状態の人の事を「ブラック」と呼ぶようになったのです。

実際にはそのようなブラックリストはありませんが、信用情報では利用者の情報として個々に金融事故情報が記載されており、金融機関ではそれをすぐに読み出して過去の利用状況を把握する事ができます。

ブラックリストでもお金を貸してくれるキャッシング業者はあります!諦めたらダメ!

 

金融事故を起こした事はないか?

借り入れの審査に落ちたが、返済能力等には問題がないように思えるケースでは、過去に金融事故を起こした覚えがないか考えてみましょう。

金融事故の情報には、それぞれ記載される期間が決まっています。

勿論、債務整理やローンの延滞があった場合、その事を忘れてしまったという人は少ないでしょう。

問題は携帯電話の利用料金や、電気代、電話代等、各種支払いをきちんと行っていたかという点です。

携帯電話の契約書をよく読んで見ると、個人の信用情報を参照する事、登録する事等の旨が記載されています。

料金を2、3日遅れて支払った程度の延滞であれば金融事故になる事はありませんが、一般的に支払日から「3ヶ月」延滞した場合には事故情報として残ります。

公共料金については、信用情報は基本的には信用情報機関に加盟している金融機関での情報が登録されるものなので、電気料金や水道料金、ガス料金などは基本的には信用情報とは関係ありません。

ただし、注意しなければならないのは支払いをクレジットカードにしているケースで、延滞する事で当然金融事故として扱われます。

信用情報を自分で改変する事は不可能ですから、金融事故情報が記載されている期間は対策の打ちようが無いです。

再度借り入れを行う為には、一定期間が過ぎて金融事故情報が消えるまで待つしかありません。

安易な借り入れは身を滅ぼします。

 

どうしてもお金を借りたい時は・・・

近年では、銀行のカードローン参入、賃金業法の規制強化の風潮により、消費者金融は顧客の確保が難しい時代になりました。

中小~零細の消費者金融は経営困難となり、大手も銀行の傘下に。

そこで、顧客確保の為に一部の業者が打ち出した対策が、ブラックの対応です。

金融事故があり通常であれば審査に落ちるような人でも、返済能力が備わっていると判断した場合には、信用力には目を瞑り融資するというものです。

たとえブラックであっても、このような業者を利用すれば借り入れを行う事ができる可能性は十分にあるのです。

注意点としては、返済能力に関しては当然審査がありますので、誰でも必ず借りられるという訳ではありません。

業者によっては審査が厳しく、多くの申込者が審査に落ちるというようケースもあります。

最短45分で振込融資!ブラック可能、即日融資可能なキャッシング業者は?

 

借り入れにはリスクが伴う

信用力の無い人に対して融資する業者側にリスクがあるというのも勿論ですが、このようなブラック対応業者を利用するという事は、利用者にとっても大なり小なりのリスクがあります。

そもそもブラックになったという事はつまり、過去に何かしらの金融事故を起こしているという事です。

このような場合、再度金融事故を起こないよう細心の注意を払わなければなりません。

ブラック対応業者があるからといって、安易な気持ちで借り入れした場合、以前と同じように金融事故を起こしてしまうかもしれないのです。

 

金融事故情報の掲載期間も有効活用しよう!

ブラック期間を過ぎた後でも、そのまま何も考えずに借り入れした場合、以前と同じような状況になってしまう可能性が高いです。

二度と金融事故を起こさないようにする為にも、何故事故を起こしてしまったのか?

その原因を探り、対策を立てましょう。

金融事故情報が記載されている期間の間、ただ待っていれば良いという訳ではないのです。

 

【大阪限定】あなたの借金いくら減るか10秒で分かります


広告



新着

おすすめサイト更新情報