あなたの借金減らすことができます(本当です)


広告






【即日融資】今日中にお金を借りれます!


お金を借りれないのは何故?カードローンの審査基準を徹底解剖!



カードローンでお金を借りるには、借入審査は避けては通れない道です。

では、この借入審査というものは、どのような基準で行われているのでしょうか?

お金借りたい!でも借りれない!そんな時の最終手段とは?

 

審査の基準は不明?

銀行のカードローンや消費者金融では、「当社独自の審査基準」であるといった旨が記載されています。

この独自基準というのは一切公表されておらず、審査の担当者以外は明確にボーダーを事は出来ず、審査に落ちたからといってその理由を教えてくれるというわけでもありません。

申込者は何故審査に落ちたのか、という理由すら知らされないのです。

それではカードローンの審査基準は完全に不透明なのか、と言えば決してそういう事でもありません。

最低限押さえておかなければならない審査基準と言うものが存在します。

 

銀行カードローンと消費者金融との違い

銀行カードローンと消費者金融は使途自由のカードローンですから、どちらも審査基準に大きな差はないと考えているかもしれません。

ですが、これらの審査には大きな違いがあるのです。

そもそもとして、前提となる法律が異なるという事は知っておかなければなりません。

消費者金融・・・賃金業法
銀行・・・銀行法

賃金業法に関しては、消費者金融及びクレジットカードのキャッシング枠を対象として、制限を加える内容となっています。

要点を抜き出すと、以下の通りです。

・年収の3分の1以下の融資を制限する
・50万円以上の借入ないしは、他社含め100万円以上の借り入れで収入証明書類の提出確定
・収入を得てない専業主婦の融資禁止
※配偶者賃貸制度は利用可能

これにより、消費者金融のカードローンではまとまったお金を借りる事が困難となっており、他社で借り入れしている場合は審査に申込しても落ちてしまうケースもあります。

法律上審査に通らないのであれば、申し込みをしても全くの無意味です。

特に大手消費者金融のHPでは、「簡単診断」「お試し診断」といったサービスが用意されているものもあり、他社借入金額等の情報を記入する事により、最低限審査に申込できる条件が整っているかを事前に知る事ができるようになっています。

最短45分で振込融資!ブラック可能、即日融資可能なキャッシング業者は?

 

信用情報審査に要注意!

カードローンの審査は全て信用情報機関の情報に基づいて行われています。

日本の信用情報機関としては「JICC」や「CIC」、「全国銀行個人信用情報センター」の3社に大別する事が出来ますが、取り扱う情報には大きな差はありません。

カードローン審査では、上記信用情報機関に対して申込者の情報の開示請求を行い、審査の可否に大きな影響を与えます。

申込者の情報に関しては「スーパーホワイト」「ホワイト」「ブラック」に分別できます。

・「スーパーホワイト」=過去にキャッシング等の利用歴がない人
・「ホワイト」=返済滞納・延滞の履歴がない人
・「ブラック」=返済滞納・延滞や、債務整理・自己破産を行った人

その他、「申し込みブラック」と呼ばれるケースもあり、これは過去3ヶ月間で3社以上のキャッシング業者に申し込みした人の事を指し、審査の際にはマイナスの要素となります。



【大阪限定】あなたの借金いくら減るか10秒で分かります


広告



新着

おすすめサイト更新情報